レーザーバリア警報監視システム LMS511

 

NETIS登録番号:KT-130018-A

レーザスキャンの原理による屋外用レーザー測定システム。

レーザー距離スキャニングセンサーはレーザー光を面状に照射することでバリアを作ります。そして、そのバリアに侵入する物体を検知してオペレーターへ警報通知を行うシステムです。当システムは検知範囲を自由に設定できます。
[NEW]新規オプション品:無線通信機器シルウォッチ SWR-1121/シルウォッチ送信器 SW-N124を追加しました。

<< 前のページへ戻る
レンタル機器一覧