工事用車両運行管理システム VasMap
2015年7月15日

これ1台で、リアルタイム位置・速度管理・危険箇所 音声警報アナウンス

イメージ:工事用車両運行管理システム VasMap

特長

GPS機能付き堅牢型スマートフォンを利用した車両の位置管理/安全運行支援システムです。ダンプや業務車両のダッシュボードにスマートフォンを設置するだけで、事務所側では車両位置を地図上にて直感的に把握できます。

現場や現場周辺ルートの安全管理・法令遵守のエビデンスとして、保有車両の効率的運用、日報・報告の自動化など、業務特化した機能で土木・建設・物流の車両運行をバックアップします。

VasMap は、SaaS方式でアプリケーションを提供しているため、お使いのパソコンにソフトをインストールすることなく、今すぐに導入を開始することができます。

※ 3G通信回線は、FOMAエリアのみ可能

音声警報

乗務員に警告したい危険箇所(KYマップ)や、ルート案内を、音声にてアナウンスします。警報地点は、管理WEBアプリケーションで設定が可能です。
※本機能はM3 Skyのみ利用可能です。

速度監視

予め運搬ルートを設定し、制限速度の上限値(閾値)を定めます。工事用車両がそのルートを走行中、万が一速度超過を犯した場合、車載端末から『速度超過です。減速してください!』と音声にて警告。併せて超過した旨を警報メールにてサーバへ送信します。
※本機能はM3 Skyのみ利用可能です。

Webカメラ連動

ネットワークカメラを設置し、Webアプリケーションより閲覧が可能です。カメラは最大4台まで接続可能です。
※本機能はオプションです。
ご導入には別途カメラ他の機材が必要です。

背景線作成

地図上に背景線を自由に描画する機能です。
山間部工事などで周囲にランドマークがない状況でも、工事用道路等が描画でき、現在位置確認が容易です。

エリア判定

特定のエリアに車両が進入した際に、運転手に音声でガイダンスすることが可能です。
また、進入時にサーバへ自動でイベントを発行できるので、事務所側でも運行回数管理や到着通知などに利用できます。

オプション機能 デスクトップ警報ソフト

車両からのイベント発行に応じて、事務所側にて警報を鳴らすことができます。PCにインストールする専用のありません。また、追加オプション機器として信号灯と連動させることができるため、緊急自体発生時の通達漏れを防ぐことができます。

帳票出力

積、卸などの運行業務内容を運行日報として自動作成します。日報には当日の走行履歴も同時に表示され、マイクロソフト Excel形式にて出力されるため、容易に追記・拡張が可能です。

イベント・カメラ報告

スマートフォン、携帯電話のカメラ機能を使った現場報告が可能。画像の他、撮影日時、撮影した場所もGPSで同時に記録されるので、作業実績等のエビデンスとして記録できます。写真は同時に2枚まで撮影できます。また、報告内容は帳票として出力可能です。