騒音振動表示装置 EB-01/EB-05
2015年7月1日

工事現場などに設置し、騒音・振動レベル2種類を同時に表示!
設定値を超えた場合に警報を動作させる装置です。用途に合わせた、騒音計・振動計が接続可能!

[NEW] 表示器の高輝度バージョンを追加しました。

特長

記録機能付きのEB05と記録機能無しのEB01の2機種があります。オプションでソーラー発電対応が可能です。
また、「騒音振動計測システム レグゼ SVモニタリング」へ接続することにより、騒音振動計測システム レグゼ SVモニタリングの豊富なオプションが使用可能です。

  • 表示部分と計測機器部分が分離式ですので、測定場所から離れたところでのデータ表示・警報動作が可能です。
  • 騒音計や振動計のデータ出力を変換して利用しますので、「振動のみ2地点のデータを表示」などのような、同じ要素の表示も可能です。
  • 例えば、工事現場の南側と北側などのように離れた2カ所の騒音レベルを1台で表示することも可能です。
  • データ記録の有無など使用状況に合わせた騒音計や振動計が接続可能です。
  • 騒音レベルや振動レベルの状況に合わせて20db~130dbまでの幅広い測定レンジに対応可能です。
  • 「騒音振動計測システム レグゼ SVモニタリング」との接続が可能です。

用途

  • 土木・建築現場や作業所の騒音・振動管理。

 

EB-01・EB-05は、メール警報やケーブル長など、お客様のご要望に合わせて自由にカスタマイズすることが可能です。
電源を用意することが難しい場所では、ソーラー電源オプションなどもお選びいただくことが可能です。
ぜひご要望をお申し付けください。
また、計測・表示分離タイプですので、計測ポイントと表示場所が離れている場合でも対応が可能です。

 

オプション:USBデータロガー JW-LOG

データロガー JW-LOGを使用すると、市販のUSBメモリーで簡単にデータを取り出せます。

USBデータロガー JW-LOG

騒音・振動・粉塵・風速・その他のデータを計3種類同時に読み込み、測定データを内部メモリーに保存します。

  • USBメモリーはPCに接続することで、データの収取・解析ができます。
  • データロガーの各種設定はRC232CクロスケーブルでPCと接続し、専用ソフトウェアで本体設定を行います。

測定機能

  • 入力数 3チャンネル
  • 入力形態 4~20mA
  • 内部に時計機能を有し、騒音・振動データは10分毎(時間率レベル及び等価騒音レベル)、粉塵・風速・その他のデータは1,10,30分の任意間隔で記録します。(内部演算用のデータは0.1秒毎取得)

仕様はこちら>>

高輝度表示器

表示器:高輝度バージョン

近隣の住民の方向けに、夏の日差しが強い日でも鮮明に見える高輝度バージョン表示機の設置が可能です。