パワーディガー・バックホウ2Dガイダンスシステム  NETIS登録番号:CB-110038-A
2013年8月20日

Leica  PowerDigger 2DがNETISに登録されました。

卓越したパフォーマンスと柔軟性
Leica PowerDigger 2Dは、あらゆる掘削作業をスピードアップし、
現場掘削の精度と安全性を向上します。
キャビンにいながらすべてのコントロール情報を取得できるので、
複雑な設計や断面を迅速かつ簡単に作成できます。

ミニチュア重機にてデモを行っております!
ご興味のある方はぜひお問い合せください!!
担当:松尾

システムの特徴
3.5インチのカラーグラフィックディスプレイ
直感的な表示による分かりやすいユーザーインターフェイス
水深20mまでの耐久性・浚渫工事に最適
20,000Gまでの耐久性・削岩機にも対応
重要な機能にすぐアクセスできるファンクションキー
バケットの高さ基準点を選択可能
ケーブル配線不要のコントロールボックス・簡単な着脱方式
高さ警報・頭上にケーブルが張られている場所や橋梁の下、
ビルの内部での作業の場合に有効
パワードリラー・シートパイル打ち込みをサポート

メリット
複合勾配および高さを高精度で自動コントロール
盛土/切土の状態をリアルタイムにグラフィック表示またはブザー音でお知らせ
補助者が高さチェックをすることなく、ディスプレイの値により出来形を確認、
    作業員の安全を確保
初めから高精度の掘削作業ができるため、重機の高い稼働率と投資回収率が可能
正確な掘削により余掘がなく、材料費と燃料費を節約
PowerSnap方式により、複数の重機での入れ替えが簡単・スピーディ・高い拡張性
パワードリラー機能で簡単にシートパイルの垂直位置が決定